読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第89回日本学生氷上競技選手権大会の振り返り(後編)

こんにちは! 今年度から新4回生になったつよっぺです。

 

後編の原稿を書いているのに公開できていませんでした。(涙)

以後気をつけていきます。

 

===========================

前編では、第一回戦までを執筆いたしましたので、今回は第二回戦目から書いていきたいと思います。

 

2日目(1月6日)

試合が17:30から東海大学との試合ということで私たち撮影陣は午前中、宿を軽くまわることにしました。宿はカオサン千歳ファミリーホステルでした。

宿の中には毎日天気と温度が書かれた看板が置かれています。

 f:id:mcs-live-sports:20170429083855j:image

宿に置かれている看板です。

最低気温-15℃ !?

最高気温でもマイナスじゃないか!笑

そんな関西との気温の違いにビビりながら宿の中を探索。

 f:id:mcs-live-sports:20170429083932j:image

中には、はんてんがありました。めちゃめちゃ暖かかったです笑

 

そして、お昼はまた、ゲン担ぎでトンカツをいただきました!

めちゃめちゃ美味しかったです。f:id:mcs-live-sports:20170429083959j:image

写真はゴマをする代表です。

 

さて、東海大学との試合です。

試合前にインタビューを行いました。カメラを回しているのは、北海道での活動をブログに書いてくれたなかたくです。少し緊張気味です笑

 f:id:mcs-live-sports:20170429084047j:image

さて試合の結果はYoutubeで見ていただくとして。

170106_第89回日本学生氷上競技選手権大会 2回戦 - YouTube

 

 f:id:mcs-live-sports:20170429084205j:image

試合後、気さくなお二人のオフショットを載せておきます笑

 

夜は、撮影陣で編集を行い、次の朝、アップロードができる状態で寝床につきました。

 

3日目(1月7日)

次の試合は因縁の相手!’’日本体育大学’’との試合です。

私たちも、なぜか緊張..笑

お昼は、代表が「北海道に来たし海鮮丼を食べよう!」ということで海鮮丼です!

ネタが新鮮でめちゃめちゃ美味しかったです。

 f:id:mcs-live-sports:20170429084234j:image

会場は、白鳥王子アイスアリーナです。

 

f:id:mcs-live-sports:20170429084301j:image

ナレーションの位置どりを決めている時の写真です。撮影している私も代表も手が寒く、撮影が終わった後、すぐにポケットに手を入れました笑

 

試合結果はこちらもYoutubeをご覧ください。

170107 第89回日本学生氷上競技選手権大会 準々決勝 - YouTube

では、今回は撮影の裏側をお見せしたいと思います。

私たちは撮影の最中に試合の記録をとって必要なところをピックアップしてハイライトを作成しています。この写真が試合記録表です。

f:id:mcs-live-sports:20170429084342j:image 

主にペナルティやゴールシーンをメモに残しています。

 勝った瞬間は、私たちもウキウキ気分♪

編集も楽しみながら行います。

 

4日目(1月8日)

この日は、明治大学との試合。

もうここまで来たら優勝してくれ!

3人全員が朝からうずうずしながら会場へ。

 

試合の結果はこちらから。

170108 第89回日本学生氷上競技選手権大会 準決勝 - YouTube 

残念ながら、負けてしまいましたが、明日の試合で頑張ってもらえるように、良いハイライトを!!

悔しさを押し殺しながら、明日の試合で勝ってもらえるように願いを込めながら動画を編集します。

 

5日目(1月9日)

本日は、東洋大学との試合。

勝っても負けても最後の試合。

 

試合の結果はこちら。 

 170109 第89回日本学生氷上競技選手権大会 3位決定戦 - YouTube

残念ながら負けてしまいました。

来年度の後輩たちにむけてキャプテンの佐々木選手の言葉に涙がこぼれてしまいました。
170109 第89回日本学生氷上競技選手権大会 3位決定戦 インタビュー - YouTube

 

2017年は、優勝してもらいたいです!

また、その映像をしっかりと残せるように撮影の技術を上げて行かなくてはと思いました。

 

===========================

Written by つよっぺ