読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関関戦前哨戦!馬術部

おはようございます!2回生のちはやです!

皆さん、GWはいかがでしたか???

 

今回は関関戦の前哨戦第1弾!馬術部です🐴🐴🐴

 

 

馬術」と聞くとよく競馬と間違えられるんですが、あの芸能人の華原朋美さんが番組の企画で優勝してから少し注目され始めた競技です!

 

そんな馬術競技を今回も私たちKAISERS TVは取材・撮影しに行きました!

 
f:id:mcs-live-sports:20170507002509j:image

 

 

場所は兵庫県三木市にある、三木ホースランドパークにて行われました。GW真っ只中でお天気にも恵まれていました!

 

 

そんな中、我々なんと「関関戦のタイムスケジュールが分からない」という事実が…!!!

それもそのはず。実は馬術競技は他の競技とは違い、「第52回全関西学生大会」の中で行われる初日の障害飛越競技Aの総減点の少なさで関関戦の前哨戦を兼ねていたんですね。

これには驚きました…。

 

ちなみに、この「第52回全関西学生大会」は開催時期に合わせて通称"春学"とも呼ばれているそうです!


f:id:mcs-live-sports:20170506234109j:image

 主将 福留健志(文4)選手は「団結力が強いチーム」と話してくれました。連覇してほしい!

 

 

障害飛越競技の減点の方法は以下の通りです!

障害物の落下

標準障害:減点4
(一つの障害物に関しては、かけられたバーが1本落ちた場合、すべてのバーが落ちた場合、あるいは積み上げられたブロックが全部倒れた場合のいずれも減点4)

 
不従順(反抗)
障害物の前で馬が止まってしまったり(拒止)、横に逃げてしまったり(逃避)、それ以外の場所であっても乗り手の指示に従わないこと。または、コース走行中に巻き乗り(交点ができる円を描く)をした場合も反抗となります。

⭐今回の大会は3回反抗すると失権という規定でした。

 
反抗の継続
コース走行中に継続して45秒反抗(その場から動かなくなったり、立ち上がったり)したときには失権となります。


規定タイム・制限タイムの超過
・規定タイムの超過
標準競技の場合は、コース全長(スタートラインからゴールラインまでの距離)と要求されているスピードにより規定タイムが設定され、そのタイムを4秒超過するごとに1点の減点となります。(例:規定タイム72秒の場合、72秒01~76秒00は減点1、76秒01~80秒00は減点2というように計算)
ただし、スピード&ハンディネスの場合は規定タイムは設定されないため、《規定タイムの超過》によるペナルティは存在しません。

・制限タイムの超過
標準競技では、規定タイムの2倍の秒数が制限タイムであり、それを超過すると失権。
スピード&ハンディネスでは、コース全長が600m未満の場合は2分、600m以上の場合は3分と定められており、これを超過すると失権。

⭐今回の規定タイムは69秒、制限時間は138秒、コースの全長400mでした。


その他
・落馬、人馬転倒
スタートからゴールまでの間に、落馬または人馬転倒(選手が乗った状態のまま馬が転ぶこと)すると失権。

・経路違反
決められた飛越の順番を間違えると失権。

 

参照:公益社団法人日本馬術連盟より

 

……などなど。非常に規定が多い!!!

その上、馬の気持ちも考えつつ競技に臨むという、頭も使うスポーツなんですね。

 

さて、ルールの説明はこれくらいで。

 

関西大学は3チームに分かれ競技に参加しました。
Aチーム
1組目 上原慎也(情3)選手・千豪組が走行しますが,バーを連続で落としてしまい,減点されてしまいます. 
続く 野間真照(政4)選手・千宝組、明石良平(情4)選手・千王組がともに順調に走り出しますが、3反抗で失権になってしまいました。
続いて、Bチーム

主将 福留健志(文4)選手・千翔組、スタートは好調でしたが、後半はミスが連続してしまいます。
続く2組目、中村大樹(情2)選手・プーカ組
減点0で走行を終えました!
しかし、3組目松水優斗(文3)選手・千幸組
なんと走行中に落馬してしまい、失権になってしまいました。
なんとか持ち直したい4組目、期待の新人西田空花(法1)選手・千雄組
順調に進むも4つ目の障害で反抗してしまい失権

 

関関戦連覇のためにも関西学院大学よりも総減点を少なくしたいところ。

最後のCチーム。SF入試勢の意地を見せたいところ!


ここで、福留選手・ピトロリーナ組満点の走行を見せ、個人順位3位!
流れに乗り,2組目松水・千駿組
減点を4におさえ、下回生に思いを託し
3組目、中村選手・カリエーレ組、満点の走りを見せます。中村選手は2回とも総減点0でしたね。

ラスト西田・S.ベロニカ組はややミスもあり8点の減点。

 

最終集計はチームCの満点走行と総タイム10の差で関西大学に軍配が上がり,12連勝を決めました!おめでとうございました!

 

 

ハイライト動画はこちらから!

170503_第40回総合関関戦前哨戦 馬術 - YouTube